猫と暮らす幸せな日々、時々里親探しをつづるブログ。最近犬も登場♪
FIPに負けるな!
2017年07月15日 (土) | 編集 |
3週間前に新しい家族の元に旅立ったライチくん改めまがりくんですが…

FIPを発症したため我が家に帰ってきました。

FIP(猫伝染性腹膜炎)は発症するとほぼ100%致死と言われる怖い病気です。
下痢などを起こす猫コロナウィルスが変異して病原性の高い猫伝染戦腹膜炎ウィルスになると言われています。
コロナウィルスに感染=FIP発症ではないため検査も難しく診断も症状が出てからになることが多いです。

まがりくんも新しいおうちに直ぐに馴染み、とっても可愛がってもらってたんですが、
先週の金曜日に嘔吐下痢で元気がないとなないろしっぽに連れて来られました。
その時にすこしお腹がぽっちゃりしていて気にはなっていたのですが、
その後元気になって安心した矢先でした。
数日でお腹がどんどん膨らんできたそうです。

正直、FIPを発症して今まで助かったケースを私は知りません。
この先の事を考えると里親のYさんに託すことは酷だと考えて私が引き取り治療することにしました。

DSC_0009_convert_20170715225713.jpg

我が家に到着しご飯を要求中。

DSC_0012_convert_20170715225749.jpg

すごくガツガツと食べてくれて一安心しました。

が、夜になって熱が出たのか呼吸が荒くぐったりしました。
朝まで時々場所を変えながら目を開けたままうずくまっていました。
私も気になって朝まで一睡も出来ずでしたが、朝になると熱が下がったのか状態が良くなりご飯も食べてくれました。

治療は塩酸オザグレル(血管炎を緩和する)、プレドニゾロン(免疫抑制)、ラシックス(利尿剤)です。
これで腹水が少なくなってくれば希望が持てます

DSC_0028_convert_20170715225846.jpg

今日はこんな風に横になって寝ているので少しは楽なのかな。
このまま元気になってくれるよう願ってやみません



スポンサーサイト