猫と暮らす幸せな日々、時々里親探しをつづるブログ。最近犬も登場♪
手柄山温室植物園②
2012年01月11日 (水) | 編集 |
 面白かったのが食虫植物です。

 植物なのにちょっと動物的。
 
 気持ち悪いという方もおられるでしょうが捕虫の仕組みは本当に巧妙で不思議なんです

 
 こちらは有名なウツボカヅラです。

 ウツボカヅラ

 筒状になった部分に虫が落ちる「わな式」です。

 けっこう大きいので見ごたえがありました。

 
 こちらも有名なハエトリグサです。

 ハエトリグサ

 この捕虫システムもわな式。

 触ると閉じるのは皆さんご存知だと思いますが、縁のトゲトゲではなく葉の内側表面に感覚毛がありそこに虫が触れると閉じて虫を圧死させるんだそうです

 一応、細い枝を差し込んで試してみました。内側に触るとスッと葉が閉じて・・・自然ってスゴイと思いました。

 
 それから同じわなでもも吸い込み式というのがあるのも初めて知りました。

 このミミカキグサがそれです。

 ミミカキグサ

 この草は茎が地中を這っていて所々に捕虫嚢というのがあるそうで、虫が触毛に触れると一瞬のうちに水と一緒に吸い込むんだそうです
 
 すいこみ式

 う~ん、オソロシイ

 虫に生まれなくて本当によかったです

 最後はトリモチ式のモウセンゴケです。

 モウセンゴケ

 少し赤い穂の部分にネバネバする液が分泌されていて虫をくっつけます。かなりのネバネバ度でした。

 この液には消化酵素が含まれていてくっついた虫を分解してしまうんです。

 
 同じ方式の食虫植物にムシトリスミレというのもありました。

 ムシトリスミレ

 本当に可憐なスミレのような花が咲いていました。

 
 植物も知れば知るほど不思議で興味深いです。

 また違う季節にも訪れてみたいと思います


 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
虫捕りスミレは花がとてもきれいなので
私も育てていました。
耳かき草は霧島連山の道路脇の湿地に生えて
いますが 之とは別種を育てています。
花は小さくて可愛いです。ほんとに耳かきみたいな
種?がつきますね。
2012/01/11(水) 19:37:06 | URL | みーさん #RO/rr6ZE[ 編集]
みーさん

さすがに詳しいですね!
私はどちらも初めて見ました。
耳かき草の種も見てみたいです。
植物も本当にいろんな種類があって楽しいですね(*^_^*)
2012/01/11(水) 20:36:10 | URL | はっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する