猫との楽しい暮らし、猫にまつわるあれこれ時々里親探しを綴るブログ
実家の猫たち
2012年03月17日 (土) | 編集 |
 数年前まで一緒に暮らしていた実家の猫たちをご紹介

 クマ
 
 クマ(通称く―坊) 今年15才の男の子
 その当時子猫だったハト吉を外で遊ばせていたらいつの間にかやって来て一緒に遊ぶようになった子猫がくー坊。
 ちょうどハト吉と同じくらいの月令(3カ月)でした。
 とにかく人懐っこくて誰にでも付いていき必死のアピール。
 最初はもうこれ以上は家の中では飼えないと思い、入りたがるく―坊を「バイバイ」と締め出していたのですが・・・。
 夜、ハト吉とリビングで過ごしていると猫の鳴き声。
 窓を見るとそこには網戸に張り付き一生懸命アピールするく―坊が
 かわいそうなのと可笑しいのとで大笑い。晴れて我が家の猫となりました
 今でもお膝が大好きの甘えん坊(じいさん?)です。


 ミーミー

 みーみーさん 今年14才の女の子
 生後1カ月半くらいの時にうちに迷い込んできました。
 慣れてなかったので両親が苦労して捕獲。初日はクッションの下でずっと震えてました
 ちょっと怖がりですが、夜になると急にゴロゴロいいながら布団をモミモミしたり、人の顔をチョイチョイつついたり、挙動不審です^m^
 かわいいおばあちゃんです


 チップ

 チップ 今年14才の男の子
 当時働いていた動物病院に捨てられた子猫。
 生後4カ月になっても売れ残り・・・開業を控えていたので病院で飼おうと貰って来ました。
 結局は実家に連れて帰りそのまま実家の子になりました。
 鼻水みたいな白い模様とギザギザのピカチュウみたいなしっぽがチャームポイントです
 母が大好きで一緒じゃないと鳴き続け夜も眠れないヘタレくんです


 ワカメ
 
 ワカメ 今年14才の女の子
 生後半年くらいの時にカツオと一緒に近所の多頭飼育のお家から遊びに来るようになりました。
 いつの間にか夜は家の中で過ごすようになり、そのままうちの子に。
 三毛柄がとっても個性的でチャーミング・・・ですが眼光鋭く他の猫を脅かすヤクザな性格(^_^;)
 他の子たちとは別に犬たち、カツオと一緒に一階で生活しています。
 人と犬はだ~い好き。


 カツオ
 
 カツオ 今年14才の男の子
 ワカメと一緒にやって来たとっても気のいい男の子です。
 ワカメに時々しばかれてますがそこは兄弟なので耐えています
 みんなに首輪を買ってあげた時も一人だけはまらなかったという我が家一「首の太い猫」です^m^
 意外にも高いボーイソプラノで甘え鳴きするのがかわいいんです
 抱っこが大好きな甘えん坊です。


 こうして見ると実家の猫たちも年を取りました・・・。

 昨年末は最長老のセミちゃんが虹の橋へ行ってしまいましたし、これからは健康管理もより気をつけてあげないといけませんね。

 実家の猫紹介さらに続きます

 


  
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する