猫との楽しい暮らし、猫にまつわるあれこれ時々里親探しを綴るブログ
実家の猫たち つづき
2012年03月18日 (日) | 編集 |
 実家の猫紹介つづきます

 
 より

 より 今年12才の女の子
 一昨年の秋にそれまでご飯を待っていた場所であげる事ができなくなったので思い切ってうちの子にしました。
 実はそれまでにも2度家に入れた事があったのですが窓から飛び降りたり、壁紙を破って壁の隙間から逃げたりしたので家猫にするのをあきらめていたのです。
 今回は1匹だけ隔離して家猫トレーニングを始めました、が半年くらいは夜になると鳴き続け「家に入れてよりは幸せなのか」本当に悩む日々でした。
 今では他の猫たち同様自由に部屋を行き来し、夜は母の布団でちゃっかり寝ているみたいです^m^
 家猫になってちょっぴりおデブさんになっちゃいました


 P2040052.jpg

 グレー 今年18才の女の子
 ブログでもお伝えしましたが2月2日に長い外猫生活に終止符を打ち、我が家の猫になりました
 思ったよりもあっさりと室内生活を受け入れてくれて、他の猫とも距離を保ってうまくやっています。
 人には完全に心を許している感じではないですがご飯はしっかり頂いているみたいです^m^
 年なのでのんびりまったり過ごしてもらえたらと思ってます。
 目指せ20才


 ふき

 福来(ふき) 今年14才の女の子
 親戚の家で生まれ、生後3カ月くらいの時に我が家にやってきました。
 福が来るようにと妹が考えた名前です
 子犬の時は毛が薄く、ひょろりとしていて正直かわいいとは言い難かった
 性格は臆病で大人しく小さい頃から手のかからないいい子でした。
 父がずっと世話しているので金魚のフンのように父にべったりです。
 最近は耳も遠くなり、少し痴呆症状が出てきて自由気ままな性格になってきました。
 人の言う事をあまり聞かなくなりましたが本人的には怖い事が減ってなんだか幸せそう
 長生きしてくれるといいなと思います。


 さくら

 さくら 今年12才の女の子
 友人が車の多い大通りで保護して連れて来たのが出会いです。
 さくらカーニバルの時期だったので名前は「さくら」
 里親さんが決まっていたのですが1カ月預かっているうちに情が移り、さくらも知らない人に懐きにくい子だったのでそのままうちの子になりました。
 小さい頃は父の買ったばかりの携帯を粉々に噛み砕いたり、妹の友人の高価なサンダルをボロボロにしたりといたずらの連続でしたが、今ではすっかり落ち着いたおばあちゃん犬になりました。
 つぶらな瞳がチャームポイントです


 ゴン太

 ゴン太 12才くらいの男の子
 雨上がりの日に新しい首輪とリードをつけたまま放浪している所を保護しました。
 元の飼い主さんを探しましたが見つからず、咬み癖があるため里親にも出せずうちの子になりました。
 強面ですが実はとっても臆病なゴン太。
 恐怖心から咬むみたいなので嫌がる事は全然できませんがそれなりに仲良くやっています
 なぜか猫に絶大な人気があり、初対面の外猫ちゃんがすり寄ってきたりします。
 ゴン太も猫にはとっても寛大。
 人にももっと寛大になってー(*^。^*)


 以上、猫7匹、犬3匹が実家にいる大切~な家族です。

 みんな長生きしてね~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する