猫との楽しい暮らし、猫にまつわるあれこれ時々里親探しを綴るブログ
黒猫タンゴと白猫ライス
2011年07月22日 (金) | 編集 |
 ハト吉の状態がどんどん悪くなっていた7月初め、思いがけず2匹の子猫を保護してしまいました
 生後約2カ月位の黒猫とそれより少し小さめの白猫です。どちらもオス。あまり人慣れしていないのですが猫が恋しいらしく、うちの猫たちを慕って寄ってきたようです。
 ハト吉の事もあり、正直保護するか迷ったのですが事故にあったりすると嫌なので結局保護しました。
 黒猫はタンゴ、白猫はライスと呼ぶ事にしました。
 
 タンゴ
                       ライス

 保護する事を迷ったものの、ハト吉の看病で辛い時期、子猫たちの元気さにどれだけ救われた事でしょう
 

 そして今日、すっかり懐いて可愛くなったタンゴくんが貰われて行きました
 知り合いのボランティアの方からの急なお話で、あれよあれよと言う間に話が進み、心の準備が出来ないままに手放してしまいました。
 完全室内飼育ではない事、前の猫ちゃんが3歳でいなくなってしまったとの事など、私としては少し心配な環境だったのです・・・が4世代同居で代々黒猫を飼っていて、場所も過疎地なので出入り自由、かかりつけの病院もあると言われたのでボランティアさんが話を勧めて下さいました。
 キャリーに入れられて鳴いているタンゴを見送っていると涙が出てしまいました。
 いいご家族だったのですがすっかり情が移っているので心配で心配で・・・。

 21時頃電話をかけてみると、ご飯を食べて今は隠れている、との事でした。
 「怖がってますか?」と聞くと「そんな感じではなくてウロウロ探検してました。」と言われたので少し安心。もともとベッドの下に入って寝ている事が多いので疲れて寝ているのかもしれません。
 早く環境に慣れて子供さんたちと遊べるようになればいいのですが。
 
 どうかタンゴが幸せになりますように

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する