猫との楽しい暮らし、猫にまつわるあれこれ時々里親探しを綴るブログ
豆太とこむぎ成長日記 3
2017年05月15日 (月) | 編集 |
すっかり猫らしくなった2匹。
最近は起きている間、常にチョロチョロ動くので写真がなかなか捕れません。

さんぺーくんも遠巻きに見てます(笑)

20170502_222609_convert_20170514212546.jpg

人が大好きなので寝るときはいつも私の枕元。
気が付くと枕を占領されていることもしばしば。

20170505_000628_convert_20170514212707.jpg

同じ部屋にジーナもいるんですが子猫が鬱陶しいらしくすっかりご機嫌斜め。
布団にも来ないし大体コタツに籠城。
今日は子猫用テントにこもってました。

20170428_063010_convert_20170514212814.jpg

   あー、鬱陶しい

ジーナ、もう少しの辛抱だ。
子猫たち週末に新しい家族の元に行きます。
2匹一緒






豆太とこむぎ成長日記 2
2017年05月12日 (金) | 編集 |
少し前になりますが離乳食始めました

20170423_091948_convert_20170513220832.jpg

まだ食べるというより吸っている感じです。
特にこむぎくんは顔中ベタベタ。

20170423_092308_convert_20170513222140.jpg

ごちそうさまでした





黒豆太とこむぎ成長日記 1
2017年05月04日 (木) | 編集 |
3月末にこむぎくんがやってきて2にゃん育てとなりました。

20170415_070558_convert_20170504190652.jpg

まだ寒い時期なので2匹で助かりました。

2匹ともミルクをごくごく飲んでどんどん大きくなってます。

P4160005_convert_20170504190754.jpg

まめたは両手は下についたまま、

P4160008_convert_20170504192003.jpg

こむぎくんは哺乳瓶をしっかり持ってる。


お腹一杯になってホッと一息。

P4160030_convert_20170504190946.jpg

ちょっと目も見えてきたようです。

P4160012_convert_20170504192022.jpg





黒豆太成長記 その1
2017年04月28日 (金) | 編集 |
20170322_065452_convert_20170424162318.jpg

掌に乗るくらい小さかった黒豆太(通称まめた)。
初乳も飲んでないし、下痢から血便も続いて心配しましたが、
生後10日目にうっすら目が開きました。

DSC_0273_convert_20170424162600.jpg

ちょっとブチャイク(笑)


そして、4月6日のまめた。

20170407_183731 (1)

猫のぬいぐるみがお友達でした。

やっぱり一匹だとかわいそうだな~と思っていた矢先、
なないろしっぽに保護された授乳子猫を預かることになりました。

DSC_0007.jpg

こむぎくん。
モフモフです

つづく



黒豆太のこと~中絶手術についてもの申す~
2017年04月25日 (火) | 編集 |
黒豆太は3月21日生まれ。
私の勤める動物病院に母猫が不妊手術に連れてこられました。
母猫のお腹はパンパンで数日以内に出産すると思われました。
飼い主さんは生まれると困るからと連れてこられたのですが・・・

妊娠する前に手術しておけば子猫を殺さずに済むのに(-_-メ)

いつも思うことですがお腹の中にいたって子猫は生きています。
命には変わりないのに生まれてくるまでは命じゃないみたいに気軽に中絶手術を頼んくる飼い主さん、多いです。

「生まれる前に手術した方が苦しまなくて済むから」

それはあなたが困らなくてすむからでしょ?
私は意地悪なのでそう思ってしまいます。

子猫が生まれて困るのならば妊娠する前に不妊手術をして下さい。
それが飼い主の責任です。

黒豆太ですが、母猫のお腹を開けたら中で動く子猫が見えました。
とてもそのまま見殺しにすることが出来ず、内緒で取り出して育てることにしました。
他に2匹兄弟が居ましたが助かりませんでした。

獣医師として正しいことかどうかは分かりませんが、
私の心の平和を守るために黒豆太を助けて良かったと思っています


DSC_0226_convert_20170424162408.jpg